注文住宅のスケジュールを見る

欠陥のある物件にあたらないために

    新築の場合でも中古でも、欠陥住宅に住むことを希望する人はまずいません。
    しかしながら、注意して見分けないなら、自分たちの選択によって欠陥のある一戸建てに住むことになってしまう場合があるので注意してください。
    問題のある家に関して、不動産業者がそのことを率直に告げてくれるわけではないので、購入を希望する側が慎重に見極める必要があります。
    見分けるポイントとして、素人の場合には限界があると考えてしまうのですが、まずは自分で隅々までしっかりとチェックすることです。
    比較的新しい住宅を中古物件として購入する場合には、まだ築年数が新しいので大丈夫ではないかと考えてしまうところなのですが、そのような油断によって大変な目に遭ってしまうことがあります。
    最近では築年数が新しくても、構造そのものに問題があるケースや、いわゆる手抜き、資材の節約ゆえの欠陥によって被害に遭う可能性があるので、そういった意味でも注意が必要です。
    なんとなく個人の調査によって、不安をぬぐうことができないような箇所を発見した場合には、そのままにすることなく指摘するか、必要に応じてプロの鑑定士に依頼することができます。
    事前の調査を怠らないことによって、良い結果を刈り取ることができます。