注文住宅のスケジュールを見る

審査もある

    賃貸住宅で暮らすためには、契約が必要であることは、すでにお話しました。
    けれども、正式契約を交わすためには、審査に通る必要があります。
    仮にローンを利用した方であれば、信用審査をご存じのことでしょう。
    賃貸住宅のための審査も、信用審査と似たようなものです。
    収入や資産を調べられ、条件をクリアしていれば、オーナーから許可が下ります。
    目安としては、一年分の家賃が年収の三分の一程度までです。
    それ以上になれば、貯金などの資産が必要になります。
    もっとも、物件によっては、無職の人でも、資産が十分であれば、契約を交わすことができます。
    これもまた、非常に重要なことでしょう。
    なお、審査に際しては、収入証明書などを求められることは、あまりないようです。
    審査のための書類があり、それに記載するようになります。
    ただし、物件によっては、収入証明書などを求められる可能性もあります。
    特に、給与所得者でない人であれば、その点を重々承知しておくべきでしょう。
    また、審査期間についても、物件毎で異なります。
    中には、月単位となるケースもあるかもしれませんが、あまりにも長いようであれば、問い合せてみることも重要です。
    また、不動産会社がオーナーの場合、会社自体が審査を行います。
    オーナーチェックをしておくことも、大事なことでしょう。