注文住宅のスケジュールを見る

トラブルもチェック

    人と人が関わりを持てば、時にトラブルが発生します。
    賃貸住宅においても、同様でしょう。
    まず、集合住宅であれば、騒音問題を挙げることができます。
    現在では、しっかりした造りのマンションなどが増えているようですが、それでも、完全防止とはならないでしょう。
    結局は、入居者のマナーに依存するようですが、残念ながらマナーを守れない人がいることも確かです。
    最悪は、騒音を廻る刑事事件となりますが、そうならないように、自らもきちんとした生活を送り、心配なようであれば、戸建てを探したり、あるいは、見学を十分行うことでしょう。
    また、賃貸住宅であれば、退去の際のトラブルがあります。
    退去の際、それまでの入居者は、原状回復義務を求められます。
    再度生活が可能な状態に回復する義務となりますが、修繕費用が余分に掛かる場合、敷金を使うことになります。
    また、敷金で賄えない場合、その分を支払うことになります。
    しかし、入居者自身の考えにそぐわない金額などが出た場合、トラブルとなります。
    最悪、裁判となり、判決を仰ぐことになります。
    少額訴訟であるので、結審まであまり時間は掛かりませんが、できれば、トラブルを回避するための措置が必要でしょう。
    そのためにも、契約時に不動産屋に退去について、十分確認を取っておくべきです。
    また、国交省がガイドラインを作成し、ホームページなどでも公開しているため、一読しておくことも、大事なことです。