注文住宅のスケジュールを見る

「これは普通です」に注意

    住宅を購入するにあたって、いろいろと担当者と話をしていく中で「おかしいな」と感じることもいろいろと出てくるはずです。
    そのような場合には、迷うことなく質問をしてください。
    大きな買い物になりますので、すべての面で納得済みで契約をすべきです。
    質問をすると、担当者の中にはていねいに説明してくれる人もいます。
    一方で「これは業界では普通のやり方ですよ」といってくる担当者もいます。
    自信満々に「普通ですよ」と専門家から言われてしまうと、「そういうものなのか」と引いてしまう人も多いです。
    このことを逆手にとって、少し答えづらい質問をされると「普通ですよ」といって逃げる業者もあります。
    住宅に関する情報を比較した場合、やはりお客さんよりも不動産会社のスタッフの方が圧倒的に知識や情報量を持っています。
    そこにつけ込まれるスキがあるということを理解してください。
    ですから「普通です」といわれたのであれば、どういう根拠があって普通なのかということをきちんと聞くべきです。
    「初めてのことなので…」などと言えば、相手も納得してくれるはずです。
    それでもきちんとした説明をしてくれないというのであれば、その業者は信用できないと思って、ほかの所をあたってみるべきです。